観光立国

我が国の社会のグローバル化が進む中で、経済が急発展している中国をはじめ、アジアの活力を積極的に取り入れていくといった観点からも、「観光立国」の実現は不可欠な重要課題である。

明日の日本を支える観光ビジョンー世界が訪れる日本へー

2016年3月30日「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長:内閣総理大臣)は、新たな観光ビジョン「明日の日本を支える観光ビジョンー世界が訪れたくなる日本へー」を策定した。観光を日本の成長戦略と地方創生の大きな柱ととらえ、「観光先進国」の実現に向けた新たな目標として、年間訪日外国人観光客を2020年に4000万人、30年に6000万人、訪日外国人旅行消費額を20年に8兆円、30年に15兆円とすることを掲げた。

 

3つの視点と10の改革を基本に「世界が訪れたくなる日本」を目指していく。